シベリアについて

<入出国>

■入国の流れ

空港到着時の入国の流れは以下のとおりです。

撮影出来る場所が限られるので、その一部のみ掲載します

  1. 飛行機が空港に到着後、ほぼ全員が同じように入国するはずなので、とにかく皆と一緒に入国審査場まで行く。
     

  2. 審査窓口は「ロシア人」と「外国人」を分けていないので、入国の早いロシア人の後ろに並ぶのをお勧めします。
     

  3. 外国人の入国チェックは時間がかかります。トイレが危ない方はここで先にトイレに行っておくことを勧めます。
     

  4. 自分の順番が来たら、入国審査窓口で係官にパスポートと印刷した電子ビザコピーを渡します。観光ビザ申請した人はパスポートにビザが貼られているのでパスポートだけでOKです。
    (入出国カード記入は審査官がするので不要です)

     

  5. 係官から聞かれることがあるのは以下の項目です
    ・乗ってきた飛行機のチケットを見せろ →渡す
    ・日本人か →日本人です(英語で)
    ・滞在は観光か? →観光です(英語で)
    ・ホテル名は、、聞かれないと思います

     

  6. 食い入るように何度もパスポートをチェックされたあと、審査官が必要箇所を記入した入出国カードを渡されて2カ所にサインするよう指示されます。パスポートのサイン通りにサインすると、その半分(出国用)とパスポートを渡され審査終了です。
     

  7. この出国カードは出国時に回収されますが、ホテルのチェックインでも確認されるのでパスポートにはさんだまま無くさないように。
     

  8. 先に進むと預入荷物のターンテーブルがあります。ウラジオストクは意外に早く荷物が出てきますがハバロフスクやイルクーツクは遅いです。荷物を預けた方は荷物を受け取ってからターミナルロビーに出ましょう。
     

vd-airport-entry.jpg

​入国審査待ちの列

入国カードサンプル.jpg

出国カードのサンプル

 ★入国審査は時間がかかります 
入国審査官はパスポートやビザなどかなり細かくチェックするので1人にかかる時間も長いです。早く入国したい場合はなるべく前方座席を予約して早く機外に出られるようにしましょう。
但し、ハバロフスク、イルクーツクはターミナルまでバス移動なので前列にする意味はありません・・・

※注:カフェやホテルスタッフはみんな本当に親切ですが、空港や鉄道駅の職員(公務員)はちょっとクセのある方がいらっしゃいます。他の国でも、以前の日本もそうでした。どこの国も一緒ですね・・・

■入国したあと

入国審査を無事に通過して荷物を持ってターミナルのロビーに出ると、出迎えの人が多くいます。事前に送迎を依頼している人は、その中から自分の名前を探して下さい。ここでは空港から自分で街に向かう場合の流れをまとめました。

  1. 到着してからまだトイレに行って無ければ、先に行っておきましょう。あとで慌てて探してもトイレが見つからず緊迫します・・・
     

  2. 最初に必要なのは現金ルーブルです。ATMでキャッシング、もしくは両替窓口でルーブルに両替しましょう。
     

  3. 次は SIM を購入しましょう。ロビーを見渡せば SIM を売っているカウンターがあります。店員さんに、”インターネット”、”1ウイーク(滞在期間”)と2言伝えれOK。あとは (SIMロック解除済み)スマホを渡すと手早くセットアップしてくれます。
    SIMブランドは"MTC","MEGAFON"がデータ容量無制限で500ルーブル(800円!!)でテザリングも無料なのでお薦めです
    支払いはカードが使えますが、読み込み機故障などのこともあるので先に現金を用意しておきましょう。

     

  4. 最後に街まで行く交通手段を決めます。
    タクシーの場合はタクシーカウンターかタクシーアプリを利用。
    バスや電車利用の場合は乗り場まで。

     

2.ATMでキャッシング

3.SIMカードを購入

vd-Airport-3.jpg

4.タクシー希望時は専用カウンターへ

何度旅行しても、海外の空港に到着するとあれこれとバタバタします。異国では小さな問題でもパニックになりがちなです。そうならないよう事前にやることを決めておいてトイレを済ませてリラックスして街に向かいましょう!!

■出国の流れ

参考としてウラジオストク空港の写真を見ながら空港での出国手続きの流れを説明します。

撮影出来る場所が限られるので、その一部のみ掲載します

  1. INTERNATIONAL(国際線)のチェックインカウンターで搭乗する航空会社の列に並びます。カウンター付近にある出発便一覧モニタに出発便の受付カウンター番号が表示されるので、そのカウンターに並びましょう。
     

  2. チェックインはパスポートを渡すだけで手続きしてもらえます。必要であれば手荷物を預けて下さい。
     

  3. 搭乗手続きが終わったら受け取った搭乗券とパスポートを持って出発ゲートに進みます。入口が混雑していたら少し時間を置いてからどうぞ。
     

  4. 出発ゲートでは入口手前で係員が待っているので搭乗券・パスポートを見せます。何かを聞かれても分からないときは、"Yes"を連発するより、分からない顔をしたほうが無難です。問題なければ「もう行け!」で済みます。
     

  5. その先に進むとX線セキュリティーチェックがあります。液体などは持ち込めません。慌てず言われるがままに荷物を通せば問題ありません。
     

  6. セキュリティーチェックが終われば出国審査です。
    ウラジオストク空港はここで国内線と国際線のドアが分かれているので、左側のINTERNATIONAL(国際線)のドアに進みます。
     

  7. 出国審査場はロシア人と外国人を分けていないので、どの列でもOKです。また入国審査ほど並ばなくて済むはずです。ここでは入国時と同様にパスポート、入国時にもらった出国カード、ビザのコピー(自己申請した人)を渡します。あまり何も聞かれないと思いますが、質問が分からないときは、無口が無難です。
     

  8. 出国審査が終われば出発手続き完了です。そのまま出発ロビーに進んで搭乗するゲート付近でお待ち下さい。
     

  9. あとは搭乗が始まるまで免税店ですが、ウラジオストクでも免税店は数店くらい。ハバロフスク空港などは無いに等しいのでお土産は市街地で済ませておくように!
     

vd-Airport-5.jpg

1.国際線チェックインカウンター

vd-Airport-11.jpg

3.​出発ゲートは2階です

vd-Airport-13.jpg

4.出発ゲートの中へ進む

vd-Airport-12.jpg

6.荷物検査後、国際線ゲートへ

© 2019 by Smart Planning, Ltd.

ウラジオcom.jpg
マリインスキー劇場
OTTAVA
S7航空
アエロフロート航空
オーロラ航空
ウラル航空
ウラジオストク国際空港
ロシア鉄道