ウラジオcom.jpg
マリインスキー劇場
OTTAVA
S7航空
アエロフロート航空
オーロラ航空
ウラル航空
ウラジオストク国際空港

© 2019 by Smart Planning, Ltd.

ロシア鉄道

シベリアについて

<入出国>

■入国の流れ

空港到着時の入国の流れは以下のとおりです。

撮影出来る場所が限られるので、その一部のみ掲載します

  1. 飛行機が空港に到着後、ほぼ全員が同じように入国するはずなので、とにかく皆と一緒に入国審査場まで行く。
     

  2. 審査窓口が「ロシア人」と「外国人」を分けているかもしれないので、アジア人が並んでいる列に並べば間違いありません。
     

  3. ロシアでの外国人の入国チェックは時間がかかります。トイレが危ない方はここで先にトイレに行っておくことを勧めます。
     

  4. 自分の順番が来たら、入国審査窓口で係官にパスポートと印刷した電子ビザコピーを渡します。通常のビザ申請した人はパスポートだけでOKです。(入出国カードは不要です)
     

  5. 係官から聞かれることがあるのは以下の項目です
    ・乗ってきた飛行機のチケットを見せろ →渡す
    ・日本人か →日本人です(英語で)
    ・滞在は観光か? →観光です(英語で)
    ・ホテル名は、、聞かれないと思います
     

  6. 食い入るように何度もパスポートをチェックされたあと、パスポートと"出国カード"をはさんで渡されます。
     

  7. この出国カードは出国時に回収されますが、ホテルなどでも確認されるのでパスポートにはさんだまま無くさないように。
     

  8. 先に進むと預入荷物のターンテーブルがあります。荷物を預けた方は荷物を受け取ってから外に出ましょう。
     

vd-airport-entry.jpg

​入国審査待ちの列

入国カードサンプル.jpg

出国カードのサンプル

出国の流れ

ハバロフスク空港などは驚くほど質素なビルなので、ウラジオストク空港の写真を見ながら空港での出国手続きの流れを説明します。

撮影出来る場所が限られるので、その一部のみ掲載します

  1. 国際線(INTERNATIONAL)のチェックインカウンターで搭乗する航空会社の列に並びます。出発便一覧のモニタにもカウンターの番号が表記されています。
     

  2. チェックインはパスポートを渡すだけで手続きしてもらえます。必要であれば手荷物を預けて下さい。
     

  3. 搭乗手続きが終わったらパスポートと搭乗券を持って出発ゲートに進みます。
     

  4. 最初に係員が待っているのでパスポートと搭乗券を見せます。 何かを聞かれても分からないときは、"Yes"を連発するより、分からない顔をしたほうが無難です。問題なければ「もう行け!」で済みます。
     

  5. その先に進むと、X線のセキュリティーチェックがあります。液体などは持ち込めません。慌てず言われるがままに荷物を通せば問題ありません。
     

  6. セキュリティーチェックが終われば出国審査です。
    ウラジオストク空港はここで国内線と国際線のドアが分かれているので、左側の国際線(INTERNATIONAL)のドアに進みます。
     

  7. 出国審査場はロシア人と外国人を分けていないので、どの列でもOKです。また入国審査ほど並ばなくて済むはずです。ここでは入国時と同様にパスポートとはさんでいて出国カードビザのコピー(自己申請した人)を渡します。
     

  8. 出国審査が終われば手続き完了です。そのまま出発ロビーに進んで搭乗するゲート付近でお待ち下さい。
     

  9. あとは搭乗が始まるまで免税店ですが、ウラジオストクでも免税店は数店くらい。ハバロフスク空港などは無いに等しいのでお土産は市街地で済ませておくように!
     

vd-Airport-5.jpg

国際線チェックインカウンター

vd-Airport-11.jpg

​出発ゲートは2階です

vd-Airport-13.jpg

係員にチケットを見せて荷物検査へ

vd-Airport-12.jpg

荷物検査後、国際線ゲートへ