ウラジオcom.jpg
マリインスキー劇場
OTTAVA
S7航空
アエロフロート航空
オーロラ航空
ウラル航空
ウラジオストク国際空港

© 2019 by Smart Planning, Ltd.

ロシア鉄道

シベリアについて

<基本情報>

ー場所はー
現在ロシアの正確な区分けで言うと、シベリアに極東エリアは含まないようになってきたようですが、このサイトでは以前から言われているように、ロシアの約東半分、ノボシビルスク辺りから「シベリア」と呼ぶことにします。※サハリン、北方領土は除きます。

ー気候ー
冬はとても寒いが、ウラジオストクなどは北海道とそれほど変わらない
夏は短いが最近は30℃を越えることもことも多く意外に暑い。

ー歴史ー
ここでは・・話が長いので省略します。

siberia-map2.jpg

ー地元の人ー
街を歩いていてもあまりニコニコと笑っている人は少ないかも。タクシーの運転手もちょっとぶっきらぼう。でもご機嫌ななめ、とか怒ってはいません、特に外国人の前ではおとなしくてシャイなだけです(英語苦手だし・・)
でも少し打ち解ければみんなニコやかになります。そして親日な人が多い。そんな地元の人との出会いを楽しんで下さい。

driver-001.jpg

ー英語ー
現地の人は日本人よりも(シャイだからか)英語が苦手なようです。
その代わり話せる人はかなり流暢に話せます。観光客向け施設では英語を話す人が増えていますが、一般の人はほとんど話しません(話せません)。

ー動物ー
犬も見かけますが、猫のほうが人気があるようです。街歩きをしていれば猫に会えます。

ークルマー
95%は日本車です。中古車がほとんどですが、なぜか最新型も走っています。なつかしいクルマにも出会えるので、クルマ観察も楽しいです。

猫と日本車

ー交通機関ー

バス路線やトラム(路面電車)の他にトロリーバスも一部走っています。どれも古い車両が多く走っていて、個性的な塗装も魅力的です。

多くの住民はマイカーでなく公共交通機関を利用するので本数も多く街歩きであればタクシーは不要。運賃は路線別の15〜30ルーブル均一運賃なので、次で降りても終点で降りても同一料金と格安です。
例:イルクーツク市街地〜空港の場合

  • タクシー 25分、500ルーブル(約900円)

  • トロリー 40分、 15ルーブル(約27円

写真は上から、バス、トロリーバス、トラム(路面電車)です。どれも乗り方は簡単。街歩きする方のために乗り方をまとめたページを用意しました。ご覧ください。

bus-sample.jpg
IMG_0516.jpg
vd-tram1.jpg

ーお酒ー

まず、ウオッカ片手に路肩で寝ているようは人はいないのでご安心を・・・
街の中心部では夜遅くまで営業しているナイトバーもあり、そこでの食事も美味しいので飲んで食べる人も困りません。

ただしスーパー等でアルコールの購入は夜10時までなのでご注意!

IMG_20190222_203719.jpg

ーコンビニー
コンビニはありませんが、小さなスーパーはあちこちにあります。一部24時間営業のお店もありますが、夜9時くらいで閉めるお店もあるので閉店時間を確認しておいてください。

 

24時間スーパー