ウラジオcom.jpg
マリインスキー劇場
OTTAVA
S7航空
アエロフロート航空
オーロラ航空
ウラル航空
ウラジオストク国際空港

© 2019 by Smart Planning, Ltd.

ロシア鉄道

シベリアについて

<治安:これほど誤解されている街はない>

ネットでロシアの治安を検索すると"不安、危険"みたいな治安情報ページばかり出てきます。でもその多くは(現地取材せず)ネット上の過去の記事や総領事館のサイトなどを引用した”自分の印象”を記事にしています。

※大使館や領事館は立場上”治安が良い”と伝えません

そこで参考例として極東で一番犯罪が多いとされるウラジオストクと日本代表の大阪市の2017年犯罪発生率を比較してみます。

     ウラジオ  大阪市
殺人  :0.69    0.38
重度傷害:2.0    17.9
強姦  :0.09    0.42
強盗  :0.77    1.06
窃盗  :49.9    301.7
犯罪総数:174.4   390.7
  
※人口1万人に対する件数

人口は大阪市が4倍多いので、発生件数のそのものはこの4倍の差があります!!

実は意外にみんな気さくなんです

​公園に置かれた本棚。誰も盗まない?

このデータから少なくとも今の大阪より安全なレベルと見ることができます。

それでも「そんなハズがない!」と言い張る方がいて困っていますが・・・

極東地方はウラジオストクでAPECが開催された2012年頃から多くの面が改善され犯罪も大幅に減少しています。最近ウラジオストクに旅行に行った方のブログ等で「思ったより平穏だった」と書かれている例が多くあるように、実際に現地を歩いてみればわかることですが・・・

日本人が極東ロシアに対する不安の多くは情報が不足していることによる単純な 「誤解」 です

ハッキリ言えば・・・
極東シベリアの街は東南アジアや欧米よりもずっと安心できます。
「ウラジオストクやハバロフスクの女性旅や夜の街歩きは危険」
と根拠もなく説明しているサイトが
誤解 をさらに広めています。

どの国でも治安について伝えるのは難しいものですが、問い合わせの多い質問と、実際に現地の街を歩いた経験からの回答をQ/A形式でまとめます。

Q:入っては行けない場所などや、いきなり連行されるようなことがある?

大きな 誤解 です。それは中国のことでしょう。今のロシアは想像以上にオープンな国です。特に観光ビザがあれば申請していない街でもどこでも自由に滞在して自由に歩けます。もちろん軍事施設などは除きますが。

Q:街中をマフィアがウロウロしていて危険?

日本でも北野武監督映画などで過激な銃撃戦がありますが、歌舞伎町や道頓堀で実際にそんな場面を目撃しますか? でも北野映画を見た外国人から「日本では銃撃戦が多い?」と聞かれるとどう思いますか。
欧米発のニュースや映画では 常に悪役扱いされるロシアですが、街中で銃を持ったマフィアなど目にすることはありません。これもただの 誤解 です。

Q:タチの悪い若者が街角にいたりする?

日本ではタブーのタトゥーも他国ではファッションです。そんな元気な若者は居ます。

でも彼らはマナー低下が問題となっている日本の若者よりも確実に礼儀正しいです。

Q:スリなどの軽犯罪が多いと聞いたけどホント?

旅行中にスリ現場を目撃することも多い欧州の観光地ほどではないですが、混み合う市場などで稀にスリの事例があるようです。財布をズボンのポケットに入れて歩くようなことは控えましょう。

Q:街中でリュックやハンドバッグの持ち方を注意したほうがよい?

持ち物についてヨーロッパや東南アジアほど神経質になる必要はありません。
現地の人もファーストフード店で荷物を席に置いてから注文に行くのをよく見かけます。
テーブルに財布を置いたまま!席を離れる人を見たこともあります・・・

Q:夜間の独り歩きは危険?

現地では夜道でも普通に女性が独り歩きしてます。日本名物?「痴漢注意」な看板もありません。そもそも観光客が歩くような通りで警戒が必要な場所が見当たりません。敢えて不安な通りを探して行かない限り、日本と同程度の注意で問題無いでしょう。

Q:ウラジオストクで夜間に酔っ払いを見たらしいので夜は危険ですか?

圧倒的に日本のほうが悪質な酔っ払いは多いです。

Q:クルマの運転や交通事故の危険性は?

ウラジオストクは日本よりもクルマの運転が少し荒いですが、アジア諸国の比ではありません。
渋滞などで無理な割り込み嫌がらせは無く、強面のお兄さんでもさりげなく合流車に道を譲ります。

また「横断歩道では人が優先」みたいな交通規則をよく守るので不安感も感じません。
老齢自動車や暴走自転車が増えた日本の都市部より安全に思えることも。
※総じてロシア人は規則をよく守ります

Q:タクシーに乗ると危ない?

ロシアのタクシーは危ない!」という記事を目にしますが、外見を基準にしている例もあります。
 "見た目が怖そうだから危ない"と言うのはドライバーさんが気の毒です。
「高額請求された」などの被害例も少し前の事例で、それもほとんどが白タクです。

最近は多くの人がタクシーアプリを利用するので、白タクは減っています。
タクシーに乗るときの方法をこの下に書いておきますが、
乗車時にGoogleマップか印刷物で行き先と料金をドライバーに確認しておけば
黙って(英語話せないので)目的地に向かいます。
チップのつもりで多めに払ってしつこく「
お釣りを取れ」と言われたことはあります。

タクシーに乗るときは

まずロシアのタクシーはメータがなく交渉制です。乗り込む前に地図アプリか住所を書いたメモなどを見せて料金を確認します。タクシーの選び方は・・・

  • ホテルやお店でタクシーを呼んでもらう

  • 街中のタクシーが集まる乗り場で乗る

  • タクシーアプリを使う(説明はこちら)

  • 流しの白タクの乗車はなるべく控える

白タクとは個人が自家用車でお客を乗せるタクシーですが、タクシーアプリを使うドライバーと(そのクルマは)それほど差はありません。

極東はこの数年で急速に治安が良くなっていて白タクの被害も最近は聞きません。個人的には必要な時に上手に使えば白タクも有効かと。