ウラジオcom.jpg
マリインスキー劇場
OTTAVA
S7航空
アエロフロート航空
オーロラ航空
ウラル航空
ウラジオストク国際空港

© 2019 by Smart Planning, Ltd.

ロシア鉄道

ウラジオ Now

 あっという間に着いて・・

ちゃんとロシア!! 

あっという間のウラジオストク。

東京、札幌、大阪から飛行機で2時間ちょっと。

いま人気の台湾よりずっと近くなのに、まだほとんど知られていない謎めいた街。

街を歩けば古い石造りのビルや見たことのないキリル文字の看板、

アジアとは違うファッションを何気なく着こなす白人女性など

わずか2時間、「本物のロシア」がそこにあります。

ロシアに対してあまり良いイメージを持っていない方は、

ぜひ自分の目で確かめて下さい・・・きっと

ロシアに対する印象が変わります

ウラジオストクの特徴

ロシア・シベリアの街、ウラジオストクの特徴は・・・

■ とにかく近い

日本海をはさんで新潟の向こう岸。飛行機で東京から2時間半、札幌から2時間弱、映画を観る時間はありません。

ウラジオ日本広域図小.jpg
ウラジオ市街地.jpg

見どころが多い

港町、坂道、欧風建築と日本人にとってヨーロッパをイメージしやすい街。カメラ片手に街歩きを楽しめます。高台に上がれば街を一望でき、海に沈む夕陽は見逃せません。

シベリア鉄道

ウラジオストク駅はモスクワと約9300キロを7日かけて走るシベリア鉄道の極東起点駅。誰でもいちどはこの列車で旅してみたいと思っているもの。駅舎も見どころが多く観光客が必ず訪れる場所です。

カフェ・レストラン

シベリアの街の中でもカフェやレストランがとても多い街。市街地を歩いていればいつでも一息つけます。また港町なのでシーフードも魅力です。

バレエなど芸術の街

バレエの本場ロシア。金角大橋を渡った高台にあるマリインスキー劇場はロシアでも最も格式の高い劇場のひとつ。ここでバレエを観ないのはもったいない。その他にも人形劇やサーカス、地元オーケストラの演奏会など庶民の娯楽として芸術的なものが多数あります。

浦潮旧日本人の街

1917年のロシア革命前後には多くの日本人がこの街に在住していて、最大6000人ほどが暮らしていました。その頃に日本人が所有していた建物が今でも残っています。この旧跡をたどるだけでもウラジオストクの歴史を知ることができるでしょう。

vd-name-plate.jpg

​オススメ街歩きコース

どこに行けばよいのか分からない方、エリア・目的別に街歩きコースを用意しました。滞在時間に合わせてウラジオストクを楽しんでみて下さい。