top of page
top-logo-006.png

COOL シベリア

シベリア基本情報は

こちら

ウランバートルからシベリアへ



2023/7 現在、日本からロシアへの直行便は運休中なので、極東シベリアへ行くには他国を経由することになります。とは言え他国の航空便もかなり限定されているので、現時点ではモンゴル:ウランバートルを起点に渡るのが一番現実的です。

※ペテルブルク・モスクワなどロシア西部への渡航はここでは考慮していません


利用可能なルートは以下の4つです(航空機の利用については今回省略します)。


 

●バスで入国

バスでウラン・ウデは 以下の ウラジオ.COM にその掲載があるので参考にしてください。


 

●鉄道で入国

今回はバスに次いで利用しやすい寝台鉄道でウラン・ウデに行く流れをご紹介します。

ウランバートル→ウラン・ウデの寝台列車は終点がイルクーツクなので、そのままイルクーツクに行くこともできます。

  • 列車No 305

  • 運行日:水、土、日

  • ウランバートル 15:22発

  • ウラン・ウデ  06:40着

  • イルクーツク  15:18着

ーチケット購入ー

この列車は国境を越えるのでチケット購入時にパスポート情報が必要となります。

チケット購入は次の2通りです。

  • オンラインのサイトで事前購入

  • ウランバートル駅の窓口で直接購入

駅で直接購入したほうが安価ですが、窓口のオバサマは英語を話さないので外国人は購入が容易でないと多くの人が言っています。ウランバートルで時間にゆとりのある人以外は多少値段が高くてもオンライン購入が無難です。


チケットの購入代行でお薦めできるサイトは こちら です。

上記のサイトへ必要事項をメールで伝えれば、チケット購入を代行してもらえます。購入後にE-チケットのPDFをメールに添付してもらえるので、出発前にチケットを印刷して持って行きましょう。

以下は印刷したEチケットのサンプルです。

代金は宿か駅まで担当者(英語可)が来てくれるので、チケット代金を手渡しで支払います。


ー駅に行くー

ここからがウランバートル中央駅です。昼間のウランバートル市内は交通渋滞があるので出発1時間前には駅に着く予定を立てましょう。

現地で自分でチケットを購入したい人は・・・

駅の左隣にあるチケット窓口のある建物に行きます。

この建物にはATMもあります。

希望者はその2階の長距離列車のチケット窓口で購入にトライしてください。パスポートも必要です。

2023/7現在の運賃表です。


駅舎の戻って、こちらはウランバートル駅の中にある待ち合い席

中にはカフェやコンビニもあるので、寝台列車で1泊を過ごす準備をしておいてください。

こちらが列車の着くプラットフォーム


ー列車に乗車するー

列車は当駅始発です。出発20分ほど前にホームに到着して準備が始まります。

この路線はモスクワと北京を結ぶシベリア鉄道の一部なので、基本的にシベリア鉄道と乗車手順は同じです。

  1. 駅に改札は無いので自分で直接ホームに行く

  2. 各車両の扉の前に担当する車掌さんが立つのを待つ

  3. 自分の車両番号の車掌さんの列に並ぶ

  4. チケットとパスポートを確認してもらう

  5. 自分の席(部屋)に行って荷物を収納する


こちらが車内の様子。2等寝台は上下2段の4人部屋です。下段に座ってみんなで会話することもあるのでゆっくり寝られないことがあります。好きなときに寝たければ上段のほうが良いかも。ちなみに列車はそれほど揺れません。


各車両に熱湯の出るタンクがあるので、カップ麺やフリーズドライな食事ができます。


出発後はどこまでも続く大草原をのんびり進み、深夜に国境を越えます。

 

●モンゴル出国

モンゴルの国境駅に列車が到着してからの流れ。出国審査はそれほど厳しくないです。

  • モンゴル出国審査官が車両に乗車して乗客のパスポートを持って行く

  • 持っていったパスポートのチェックが終わるのを列車内で待つ(30分〜1時間)

  • 問題が無ければスタンプが押されたパスポートが各自に戻される

●ロシア国境まで走る

モンゴル国境駅からロシア国境駅まで約1時間ほど列車は走ります。


●ロシア入国

ロシア国境の駅に列車が到着してからの流れ。入国審査は厳しいです。

  • ロシア入国審査官が乗車して客室で全乗客に対して個別にチェックを行いパスポートを持って行く

  • 現在のロシア入国はかなり厳しくて、中国人モンゴル人も荷物チェックを細かく行いますが、日本人は特別扱いとなります。その点を覚悟して乗車してください

  • 審査官が全員のパスポート収集して戻ってくるまでの間に、犬を連れて別の荷物チェック専門の審査官が部屋に来て全員の荷物をチェックします

  • 入国審査官がスタンプの押されたパスポートを持って戻ってきます

  • このときに問題があれば、入国を拒否されてウランバートルに向かう列車で戻ることになるでしょう

 

それから一路ウラン・ウデに向かって列車は出発すると就寝タイムです。

おやすみなさい。


そして夜が明ければロシア。ウラン・ウデ到着です。これで自由の身!!

ロシア国内を自由に移動できます。

駅前に出ると『タクシー?!』とたくさん人が寄ってくるのでタクシーには困らないでしょう。ウラン・ウデから飛行機で移動する場合はタクシーで空港まで約20分です。


これでモンゴル:ウランバートルからロシア:ウラン・ウデまで無事に到着です。

お疲れ様でした!!

コメント


bottom of page