ウラジオcom.jpg
マリインスキー劇場
OTTAVA
S7航空
アエロフロート航空
オーロラ航空
ウラル航空
ウラジオストク国際空港

© 2019 by Smart Planning, Ltd.

ロシア鉄道

ウラジオ Now

​街歩きコース① 噴水通り〜スポーツ湾

ガイドブックの表紙にもなる噴水通りから遊歩道が整備されたスポーツ湾までのルートをご紹介します。

午前中は空いていますが、午後から賑やかになります。海沿いの遊歩道ではとても綺麗なサンセットを見ることができます。ただ、海沿いの直線は少し距離があるので戻る時間を想定して歩きましょう。

・所要時間   1時間〜3時間
・お薦めタイム 午前中かサンセット
・坂道     噴水通りは少しだけ下りです
・トイレ    カフェ、公衆トイレあり
・飲食     カフェ・レストラン多数

 

ウラジオストク 街歩きルート①マップ

街歩きポイントマップ

A.スタート地点。長い信号を待って横断歩道を渡りましょう。

B.いよいよ噴水通り。この通りには3つの噴水があります。

C.まず通りの左端に複数のショップが入る小モールがあります。書店、化粧品、カフェなどが。トイレもあります。

D,その隣に老舗チョコレート専門店「プリモルスキー・コンジテル」。お値段控えめなのにとても美味しいチョコです。全て量り売りなので、色々なチョコを欲しい数だけ注文するのもOK。

E.その隣に壁画のあるトンネル。その向こうには個性的な小物のショップやカフェ・ゲストハウスがあるので、トンネルの先を1周してみては。

F.トンネルを次を少し進むと、地元の人にも人気のカフェ「Five O'clock」。パン類中心ですが、朝からテイクアウト客も多いですね。

G.右側にはロシア風クレープ・ブリニー専門店「ウフティブリン」。地元の家族や観光客でいつも賑わっています。(日本語メニューあり)

H.これは2つ目の噴水。通りにはベンチがたくさんあるので、噴水を見ながらゆっくりくつろいで下さい。

J.その先の左側、少し古めのレンガの壁が続く建物のある路地が。その先は行き止まりですが奥の様子も見てみましょう。

K.その路地の途中にゲストハウス「ギャラリー&モア」があります。

L.路地の次に進むと、階段を上れば自家製ケーキのカフェがあります。それほど混まないのでレトロな店内でゆっくりできますよ。

M.向かい側にはレストラン「SVOY」。ロシア料理からシーフードまで地元の方も利用するウラジオストクでも一番オススメできるお店です。

N.その先で噴水通りの端となります。この道路の向こうにスポーツ湾に続く歩道が見えます。

O.まずは、これまた待ち時間の長い信号を待ちます。信号の先に見えるお店も人気のカフェ。この横の通りは夜まで賑わうカフェやナイトバーが並んでいます。

P.この先から海に向かって広場が広がっています。平日の夕方や休日は地元の人も多く集まりとても賑やかになります。

Q.海までの途中右側がスタジアム。地元の陸上選手やプロサッカーチームがいつも練習しています。

R.スポーツ湾手前の左側は観客席のようなベンチになっています。そこから広場と海を見渡せます。

S.海までやってきました。ここは小さな砂浜になっていて、みんな思い思いに遊んでいます。

T.広場にある簡易トイレ、スポーツ湾だからか、絵柄もスポーツになっています。

U.午後からは広場にいろいろな子供用の乗り物が出現。そこにはなんと戦車がずらり!! これが日本だと天下の「朝日新聞」が黙っていない・・・

V.広場の右奥のずっと先まで歩道は続いています。露店が出たり楽器を演奏したり、休日はとても賑やかです。

W.その途中右側に遊園地が。規模は小さいながら、軽い絶叫系な乗り物も。

X.ロシアの歩道で一番目にする楽器演奏は「アコーディオン」。このおじさんの演奏はちょっと・・・でしたが、撮影したので小銭プレゼント。

Y.歩道を先に進むと左側にレストランが見えてきます。その入口付近に動物の銅像が。これが何なのか、現地で確かめて下さい。

Z.その先がまた広い広場になっています。左側にあるのがこのシーフードレストラン。

a.その広場の右側に見える階段を上がっていけば、、、ゲートがあってその先は「要塞博物館」。実際に軍事要塞だったところが博物館になっています。

b.海沿いの歩道はこの先まだまだ続きます。途中で引き馬(ポニー)もいます。いろいろな遊具もあります。中には筋トレな遊具もあるので、元気な方はお試しを。

c.夏場は海岸砂浜で地元の方の健康的な姿が。。高齢な割に露出がスゴいです。ウラジオ恐るべし。

d.これはスケボー・ローラースケートの練習場

e.そしてこのシーフードレストランが見えたら、ようやく終点です。お疲れ様でした。